年間を通じて家賃が同じとは限らない

年間を通じて家賃が同じとは限らない


年間を通じて家賃が同じとは限らない
これまでに賃貸から賃貸へ引っ越しを繰り返している人もいることでしょう。
そう考えると分譲で買ってしまった方が良いかと考えてしまうかもしれませんが、賃貸の方が圧倒的に便利でお得なのです。 不動産屋に出向くとわかりますが、不動産業界にも忙しい時期と暇な時期があります。
当たり前のことですが入学や就職の準備のある、年明け〜3月頃までというのが不動産会社にとりましては繁忙期となります。

不動産屋が暇な時期である梅雨からお盆にかけては、数多くの賃貸物件から探すことができます。
この時期に物件探しをしますと大家さんの立場からすると、入居者を見つけたいということがありますので、家賃交渉をしやすくなります。
例えば入学式や卒業式の時期に賃貸探しをしても、良い物件はどんどんと契約されてしまいます。
また、借り手が非常に多いことから家賃も高めに設定される場合もあり、家賃交渉にも応じてくれない大家さんが多くなっています。




年間を通じて家賃が同じとは限らないブログ:28 4 2018

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
お母さんが育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしてもお母さんは新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんはよる泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「わたしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかし子供を3人以上も産めば、
赤ちゃんがよる泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしもよる泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

子供を3人以上育てたことで
お母さんには「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういうお母さんの精神状態が
子供の脳に良い影響を与えない筈がない。

お母さんがお母さんとして一人前になるからこそ、
子供たちは健全に成長して行くことができる。

お母さんが一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

子供の数が少なければ、
お母さんだって子供との距離を掴めないので、
子供との距離を適正に保つためにも、
お母さんが3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

子供が1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしも子供が死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしも子供がグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

子供の数が多くいれば、
子供が1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。

年間を通じて家賃が同じとは限らない

年間を通じて家賃が同じとは限らない

★メニュー

不動産屋のキャンペーンに注目
大手不動産屋が良いとは限らない
おとり広告に注意をして賃貸探し
インターネットで賃貸の情報収集
部屋探しを始めるタイミング
賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
予め賃貸の条件を決めておきましょう
年間を通じて家賃が同じとは限らない
敷金と礼金について知っておこう
情報誌の罠に注意しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)憧れていた賃貸物件で一人暮らし