おとり広告に注意をして賃貸探し

おとり広告に注意をして賃貸探し


おとり広告に注意をして賃貸探し
貴方は今現在賃貸を利用していますか?また住んでいる賃貸物件に満足をしているでしょうか?
せっかく分譲ではなく賃貸を利用するなら、妥協しないで自分の理想とする賃貸物件を選ぶようにしましょう。 実際に賃貸物件を探している人が、不動産屋まで来てもらわなければ不動産ビジネスは成り立ちません。
インターネットでどんなに訪問者があったとしても店頭に来てもらえないと不動産会社は意味が無いのです。

もし不動産屋へ行くのでしたら、その前に不動産雑誌などに掲載されている物件が本当にあるのかを確認してからにしましょう。
そのようにすることでおとり広告に惑わされることなく物件選びをすることが出来ます。
すでに入居者が決まってしまっている賃貸物件をおとり広告として雑誌に掲載をし、客を呼び込んでいる現実があります。
おとり広告を確認して実際に店に行ってみると「すでにその物件は契約されました」などと言ってくることがあるのです。




おとり広告に注意をして賃貸探しブログ:15 6 2018

おれは毎年どこかで満開の桜を目にしていますが、
ここ何年かは、その時
「来年はどこで、どんな自分がこの満開の桜を見ているのだろうか?」と思います。

桜の花を見てそんな感情を抱くのは、
思えば入学式や卒業式といった人生の節目、節目には
いつも桜があったからかもしれません。

小学校の入学式…
おれが今でも覚えているのは、ワクワクドキドキしながら、
着物姿のお母さんと一緒に学校へ行ったことです。

おれは落ち着きがないというか、ぴょこぴょこジャンプしながら、
そしてお母さんにそれをたしなめられながら、学校に行きました。

学校に行く道には、大きな桜の樹があり、丁度桜が満開でした。
これから広がっていくであろう未知の世界、
勉強や、新しい友人などに心を膨らませながら、
新鮮さやすがすがしさを感じた事を覚えています。

中学校の入学式…やはり桜が満開でした。
中学生ぐらいになると、
小学校の時のような新しい環境へのドキドキ感は既にありませんでしたが、
おれは何となく大人になった新しい自分を感じたことを覚えています。

おれが特に鮮明に憶えているのは、
大学生の頃、両親と伊豆へ旅行に行ったときです。

おれは当時、神奈川県に下宿していたんですが、
自分の選んだ進路が本当にこれで良かったのかどうか、疑問に思い続けていて、
少し閉塞気味な感じを持っていました。

そこで、心機一転、下宿先を移る事にし、
その手伝いに父とお母さんが来てくれたのです。

引越しが終わって、両親とともに、車で伊豆半島を一周しました。
西伊豆の辺りは桜の花が満開で、
綺麗な富士山がはっきりと見えたことを覚えています。

どうやら、おれの記憶に残っている桜は、
新鮮な自分を感じているときなのではないかと思います。

とっぴんぱらりのぷう
おとり広告に注意をして賃貸探し

おとり広告に注意をして賃貸探し

★メニュー

不動産屋のキャンペーンに注目
大手不動産屋が良いとは限らない
おとり広告に注意をして賃貸探し
インターネットで賃貸の情報収集
部屋探しを始めるタイミング
賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
予め賃貸の条件を決めておきましょう
年間を通じて家賃が同じとは限らない
敷金と礼金について知っておこう
情報誌の罠に注意しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)憧れていた賃貸物件で一人暮らし